FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

bici-okadaman information

bici-okadaman の情報です。

プロフィール

okadaman

Author:okadaman
bici-okadaman からの情報スペースです。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
7678位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2059位
アクセスランキングを見る>>
リンク
FC2カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.03
02

TB:0
18:21
Category : 未分類
DSCN1975.jpg 2009年秋の展示会で気になっていて予約を入れていたハンドルがようやく入荷してきました。

「PROFILE DESIGN OZERO」(定価12,800)
(エアロバーのほうではなくて横のブルホーンバーと呼ばれるものです)


一人で走るタイムトライアルやロングのトライアスロンのバイクパートではバイクのエアロ性能(空気抵抗)もかなり大きなウェイトを占めてきます。今年はトライアスロン挑戦を掲げてますし、僕はもちろん「バイク出身者(笑)」ですからバイクパートだけはねーと思って導入したエアロバーの現在はこんな形です。

DSCN1976.jpgちなみにこのハンドルは、一見「カーボンハンドル風」のアルミハンドルです。
通常のハンドルよりは重めなので、上り下りが多くなるコースはちょっと不利。
あくまでエアロ形状優先(かつコストと見栄え重視)のハンドルと思います。

実際に付けてみての感想・・・といきたかったんですが・・・。
今まで使っていたTEKTRO RX4.1(ブレーキレバー)が使えないことが判明。
ワイヤ内臓式のレバーを見つけないと・・・。













ところで、せっかくなのでTT仕様は今こんな感じだよと言うことで。

DSCN1979.jpgこちらには先日紹介したISM ADAMO を取り付けてあります。
ちょっと遠くから見るとサドルの形状の違和感はあまり分からないようです。

このサドルだとUCIルール上(サドルをBB垂線より5cm以上後ろにしなければならない)はとても有利のように思いますね。かなり前乗りポジションにしても大丈夫のようです。
通常のロードフレームでTT前乗り(前転)ポジションにするにはこのサドルが武器になるかもしれません。

後はこのサドルに馴れるかどうかなんですけどね。
「サドルを取り替えて試してみたいけど、駄目なら戻したいし・・・」
とお悩みの際にはφ27.2/31.6mm限定ですがシートピラーも付属でお貸しします。

DSCN1980.jpg
スポンサーサイト